2010年08月12日

農作業安全をテーマに機械化情報研究会

7月26日、(社)日本農業機械化協会(東京都中央区)で、農作業安全をテーマに機械化情報研究会が開催された。
3人の講師より全国の事故情報や安全対策などの報告があり、中でも林業・木材製造業労働防災協会では、林業で使う刈払機の使用に、6時間の講習(実技、学科)を義務づけています。我々が行う、農業機械(主にトラクタ)安全講習では2時間がせいぜいです。これでは農作業安全講習とはいえないなとの実感を得ました。
いずれにせよここ数年全国各地で農作業での死亡事故が急増している状態です。くれぐれも安全には気配りをしながら作業したいものです。



Posted by 農業機械士会 at 14:53│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。